人気ブログランキングへ

2009年11月21日

異界皇子 最終章  飛翔2

 綾の精神は人間界を脱出し、どこか別の、茶褐色の雲が低くたれこめた“妖界”に達していた。
 二本の脚で立つ獅子ふたりが、豪奢な装束の〈女王〉と相対している。短いが激しい言い争いののち、まず行動を起こしたのは女王のほうだった。宝石のついた杖から抜いた剣で、若いほうの獅子に斬りつける。若いほう   つまり閻浮は、それを半瞬の差でかわした。
 ぼんやりとした光源にゆらいだそこはやけに古びた雰囲気で、近くに半透明の大きな天蓋のかかったベッドが見えた。皇太后・颶艶の斬撃はめくらめっぽうと言っていいほどで、剣は両者にかすりもしなかった。
 決定的瞬間は来た。
 女王が黒地に金の縫い取りのある装束のまま、両の膝をがっくりと折り、前のめりに倒れる。
 年配獅子のほうが彼女の様子をうかがおうと歩みよる。が、彼の脚は半ばで止まった。
 女王の身体は激しく痙攣を開始した。かっと両目を見開いたまま、黒のドレスが波打ち、仰向けになった胸部から真紅の噴水が大量にふきあがる。次には緑がかった、ひものようなものが幾筋も体内から出てきた。
 〈綾はきおくのどこかをたぐった。「そうよ、映画で観たような…」と思いつつも、なぜかそれから目をそらすことはできなかった〉
 ひも状のものはたちまち巨大化した。ふたりの獅子は見る間に身長で遅れをとった。彼らの眼前で実体化したのは暗緑色をした双頭の大蛇だった。それは発言した。
 「我は豸(ち)なり。以前、この世を永く統治してきた爬虫族の長…」
 若獅子はやや怯んだものの、年長のほうは気丈だった。
 「なにゆえ颶艶に憑いた。過去の亡霊である貴様が」
 「ふふ…、知れたこと。この畜生界の覇権を握りかえすためよ」
 一語一語が硫酸のようだった。呪詛と怨念がこもっている。セリフは交互の口から発せられて、一方がしゃべっている時は、もう一方が沈黙していた。そして計四つの眼は真紅であり、復讐の炎で燃えさかっていた。
 翻訳とは思えなかった。三者間を飛びかっている会話は、綾が以前耳にしたことのない言語でおかなわれているばかりか、地球上のものではないとさえ思えた。しかし、彼女にはことばの意味が手に取るようだった。
 「親子ともども滅せい!」
 地の底からひびく声で脅しつける。長大な暗緑色の尾がうなりをあげた。
 両名の獅子は、今度は無事とはいかなかった。年長は石壁に、年少は高級酒のならぶ飾り棚へそれぞれたたきつけられた。尾の一撃は二人の動体視力をも凌駕した。
 吐駁と閻浮は剣を抜くことすらかなわぬ。若獅子は頭上からぶちまけられたデカンタの中身の臭いで、たいそうアルコール臭くなってしまった。身だしなみを気づかっている間もなく、豸はまず彼に向かい突進してきた。
 ほとんど無意識に閻浮は割れのこったデカンタの栓を抜き、中身を正面の双頭の大蛇の貌にぬりたくった。同時に身体を起こしてタックルをかわしておいてから、汰迅炎剣の屹先を飾り棚に二つの頭をつっこんだ豸に合わせた。
 たちどころに酒を浴びた部分から碧い爆発。その余波で吐駁は一歩とびのいた。
 ウオーッ、ウグググガーッ、ゲオオオオオオオ
 大蛇は身をくねらせ、紅へと変化した炎の中で身もだえした。
 紅炎は衰えるどころか、勢いが天井知らずとなる。それと同調するように閻浮の活きている側の眼も何かに憑かれたかのようになっていた。
 「息子よ、剣をおさめろ!」
 前王が叱咤し、やっと若獅子は事態を認知できた。
 踊りくるう熱と光線の核心で、双頭の大蛇は文字どおりのたうった。その一方で火焔の舌がベッドの天蓋をなめ、今や皇太后の居室全体をつつもうとしていた。
 炭化しかける長大な翳が床に伸びて動かなくなるのと、親子獅子がそこを脱出したのはほぼ同刻だった。
 子は、父の貸した肩とともに螺旋階段を下りていく。同時に頭上からはがれた石壁や材木が落下してくる。
 最下層にたどり着けたのは、奇蹟の力、それとも幸運だったのだろうか。
タグ:颶艶の最期
posted by はむじの書斎 at 14:54| Comment(0) | エンタメ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。